新着情報 News

メディア掲載

【週刊住宅に掲載されました】

2017.10.2

10月2日に週刊住宅に起業家支援プログラムについての記事が掲載されました。
掲載内容は以下の通りでございます。是非ご覧ください。



『収益不動産の売買・賃貸管理を手掛ける武蔵コーポレーション(さいたま市、大谷義武社長)は9月27日、CSRの一環として「スタートアップ出資プログラム」を開始すると発表した。
 起業したばかりの企業を対象に社会的課題の解決に貢献する事業を募集し、事業の革新性や社会貢献性を判断して大谷社長の個人名義で最大1000万円を出資する。
 同社は、「日本社会の活性化への寄与」を掲げており、社員に経営ノウハウを伝授することで複数の起業家を社内から輩出している。社内での創業支援が順調に進んでいることから、今後は社外の起業家も支援する。
 今回の募集テーマは「三方よし」の精神を体現する事業。大谷社長は出資にとどまらず、事業や経営へのアドバイスもする。出資件数は3件。出資総額2000万円。
 応募条件として事業形態を問わない。応募方法は応募サイト上のフォームに必要事項を記入し、事業プランを送付する。書面審査後に複数回の面談を行う。
 大谷社長は、「当社を創業した経験から起業家を志す人たちを出資により助けたい」という。』

平成29年10月2日 週刊住宅