新着情報 News

メディア掲載

【ダイヤモンド・ザイに掲載されました】

2017.12.21

12月21日発売のダイヤモンド・ザイ2018年2月号の別冊に当社の事業内容についての記事が掲載されました。是非ご覧ください。



以下掲載内容となります。

ーーーーー

自社で再生した物件は診断書、保証書付き



 中古の一棟ものアパート・マンションは割安な価格と高利回りが魅力的だが、「構造に欠陥があるかも」「空室が埋められるだろうか」「不良入居者がいるのでは?」といった不安も付いてまわる。そんな投資家の不安を排除し、安心して購入できる物件のみを紹介しているのが、武蔵コーポレーションだ。

 「当社では中古物件を独自ルートで割安に仕入れ、自社の一級建築士が構造や配管、法規などの見えない部分も含めて70項目以上の検査を行います。そして不具合があれば大規模修繕し、不良入居者がいれば退去させ、空室を埋めた状態で投資家に引き渡しています」(代表取締役の大谷義武氏)

 同社ではこうして販売する収益物件に自社ブランド「リブレス」の名を付け、検査診断書と保証書をセットで提供。雨漏りや設備の不具合には5年間の無料保証、入居者に関しては、満室での引き渡しを保証している。「中古物件を再生、リノベーションして満室にするだけではなく、自社で保証を付けて販売する例はあまりないのではないでしょうか。このような物件を、相場の平均よりも1%ほど高い利回りで提供できるのが当社の大きな強みとなっています」

 同社では物件の仕入れに10数名の人員が携わり、毎月15~20棟を仕入れている。圧倒的な仕入れ力があるからこそ、保証付きの良質物件を割安な価格で提供できるのだ。



入居率96%超を誇る高い管理力が好評



 物件の販売だけではなく、融資アレンジや賃貸管理、法人設立などの節税対策、売却まで、収益不動産のトータルサポートを提供。なかでも定評があるのは管理面だ。

 「当社では投資家に紹介する物件を、自社の管理エリアである1都5県の一部地域に絞っています。これは『管理できない物件は売らない』という信念があるから。入居者募集のために仲介会社へ頻繁に訪問したり、設備トラブルに駆けつけたりとフットワークの軽い対応をするには、拠点から1時間以内で行ける範囲に管理エリアを絞る必要があります。エリアを絞ることによって、賃貸需要や家賃相場など地域特性についての理解も深まります」

 現在1万1000室を管理しているが、平均入居率96%超という高い水準をキープ。その管理力を頼り、他社で購入した物件の管理を依頼してくる投資家も多いという。2017年10月には横浜市と高崎市にも新たな支店を開設し、合計5拠点となった。これにより賃貸管理体制が一層強化されることになるだろう。

 取り扱う収益物件は2000万円台から1億円以下がほとんど。顧客には経営者や医者・仕業といった富裕層もいるが、半分は不動産投資に初挑戦するサラリーマンだ。2棟、3棟とリピート購入するケースが多いことからも、同社が提供する物件やサービスに対する信頼の高さがうかがえる。各支店では毎週、初心者向けを含めさまざまなテーマでセミナーを開催中だ。

ーーーーー