中途採用座談会

大企業からなぜ武蔵コーポレーションに入社したのか!大企業との違いなどについて語っていただきました。

  • 経営企画部 部長 吉田 祐馬(よしだ ゆうま)
  • 経営企画部 課長 中園 仁是(なかぞの ひとし)
  • 工事部 課長 小林 考弘 (こばやし  たかひろ)
  • 売買営業部 課長 飯沼 倫弘 (いいぬま  ともひろ)
  • 売買営業部 課長 穴澤 勇人(あなざわ はやと)
  • 賃貸営業課 八木 達史(やぎ たつし)

前職を退職した理由

司会

それでは始めさせていただきます。まずは、前職を退職した理由についてお伺いしたいと思います。
皆様前職では大変活躍されていたと聞いていますが、どうして退職を考えられたのですか?

吉田

私は信販系のシステム会社で働いていて、大きな会社だったので人材は揃っていたように思います。役割分担もはっきりしていてやりやすかったのですが、逆に言うと会社の業務のごく一部しか担えていないという不安はありました。このまま続けても仕事の一部しかできない自分の将来への不安ですよね。その部分がやはり大きく退職するに至りました。

中園

私も同じことは考えていました。大きい会社だったので、もし自分がいなくなっても会社としては全く問題なく動くわけですよね。その部分でやはり自分自身今のままでいいのかという気持ちはありました。一方で不動産投資に興味があり好きなことを仕事にしてみたいという思いは以前からありました。そんな中運よく当社の太田さんと物件購入の際に出会いお声掛けいただいたのが大きなきっかけでしたね。私の場合は「運」と「縁」が非常に大きかったかなと思います。

司会

飯沼さんはいかがですか。

飯沼

前職はメガバンクで働いていたのですが、仕事はお金を稼ぐ手段だとしか考えたことがありませんでした。そのため日曜日の夜は仕事に行きたくなくて本当に憂鬱でしたね。後20年以上この生活をするのかと思うと暗い気持ちになり、もっといきいきと働きたいと感じ、転職を決意しました。

武蔵コーポレーションを選んだ理由

司会

では続いて数ある企業の中でなぜ当社に入社しようと考えたのかを教えていただけますか。
八木さんからいきましょう。

八木

きっかけとしてはたまたま20代限定の不動産投資セミナーに参加したことですね。普段はセミナーには参加は全くしないのですが20代向けというのは見たことがなかったですし、不動産投資をしていたので単純に好奇心でしたね。そうしたらお話をしていくうちにうちに来ないかということでお声をかけていただきました。不動産業界という正直グレーな業界の中で、太田常務をはじめとした社員の皆様の対応が本当に誠実だったのでそこに共感した部分が非常に大きかったですね。

吉田

私は17年同じ企業で働いていましたが、働く理由・目的が数字であるということに疑問を持っていたんですね。仕事としてはシステムの設計や営業、管理職までやらせてもらっていましたが、自分のなかで本当にこのままでいいのかという思いがどこかにずっとありました。そういう思いがある中で自分の所有物件の管理を当社に任せていて、新しい物件も買わせていただいていたのですがその時に接する太田常務や神農課長の気遣いや使命感のようなものをずっと感じていたんですね。それで私もこうなりたい、こういう風に働きたいという思いが芽生えるようになりました。実際当社には一時的には自社の不利益になるようなこともお客様のためにすべきことはするという文化があって、そういうところに非常に魅かれました。

司会

なるほど。社員の人柄からわかる社風のようなものへの共感が大きいんですかね。
飯沼さんはいかがですか。

飯沼

私はもともと武蔵コーポレーションの顧客だったんですね。そうすると、会社に足を運ぶ機会もあり、働いている社員の方と話をすることが多くて。その中で、若い社員が本当にいきいきと働いている姿を見て、仕事を楽しんでいる人がこんなにいるんだということに素直に驚き、こんなふうに働いてみたいと思ったのが最初のきっかけです。また、大谷社長の「大企業は20代でやめなさい」を読んでいたのですが、その考え方や企業理念に深く共感できたことも入社を決める理由となりました。 大谷社長はすごく本質的な話をされていて、例えば日本人として誇りを持てるような仕事をしなくてはいけないとか。ここは当社の社訓にもなっている部分なんですが、そういった理念に共感していい会社だな、と感じていたところに運よくお声掛けいただきました。ちょうど前職で働き続けてもこれ以上自分に残ることがないな、と感じていたので挑戦してみようと入社を決めました。

吉田

私もそれは感じていました。17年働いてみて、経営層に関われるようになるには越えなければならないハードルが多すぎてあまりに難しいと感じていました。なので創業社長と働けることは非常に大きな魅力の一つですね。

実際に入社してみてどうだったか

司会

それでは実際入社してみてギャップのようなものを感じたりはしましたか。
外から見えていたものと中に入ってではやはり違う部分があるかと思うのですが。

吉田

これはいい意味でなんですが。実際にやり取りがあったのが社長、太田常務、神農課長の3人だけだったので、3人だけががんばって何とかしている会社だったらどうしようと思っていました。(笑) ただ、実際はみんな非常に前向きに仕事に取り組んでいて気持ちのある人が多く良かったですね。ただ、小さい会社なのですべて自分でやらなくてはいけないのは大変ですね。前職なら書類の処理は総務の方にお願いしてしまっていたようなものも自分でやらないといけないので。

中園

ギャップというか想像を超えていたというのはありますね。自分の担当する業務の幅は広いだろうとは思っていましたが、想像以上で思ったより大変な面は正直あります。

小林

私は思っていた以上に若い人が多いなと思いました。HPには若い人を多く載せているのかと思っていたら実際HP通りでびっくりしました。あとは中園さんも仰っていましたが、業務の幅が本当に広くて定まっていないので、始めは担当者や担当業務がわからず、工事の1案件を進めるだけでも誰に聞けばよいのかわからずに時間がかかり、困りましたね。最近は逆にそこがいいところでもあると思っていまして、担当が決まっていないのでいろんなことが自分でできますし、そういう仕組みをこれから作っていくという楽しみもありますね。

穴澤

同世代が多くて話しやすいというのはありますよね。前職だと上司の方は40代、50代とかだったので。

八木

ベンチャーなので会社の名前だけでは仕事ができないことがありますね。大きい会社だと名刺を渡すだけでまず断られることはないと思いますが。

司会

ありがとうございます。
そろそろお時間ですが、最後になにか言っておくことはありますか。

穴澤

金が金を呼ぶ。ですかね。やっぱり欲望が大事だと思います。私個人は好きなことを仕事にしたかったということと、サラリーマンの限界がどこにあるのか、そこに挑戦するということを考えてこの会社に入って仕事をしています。

司会

はい、ということで武蔵コーポレーションの天才こと穴澤さんから名言が飛び出したところで締めさせていただきたいと思います。皆様、ありがとうございました。

一同

ありがとうございました。

ベンチャー一日体験 体験内容・募集要項はこちら